理事長 佐藤 義捷信日本エフ・レッグ協会の療法は、体重移動で脚全体から足底に圧力をかけ、クライアントの全身を押さえる新感覚の療術に、ユニークなコアの効果を取り入れた他にはない新しい療術です。
足から伝わる適刺激は、新感覚であり、多くの人々に喜ばれ、親しまれ、またスポーツの世界ではボディメンテナンスとして取り入れていただいております。
日本エフ・レッグ協会では、クライアントの日常の健康管理に貢献していく為、確かな技術と知識を持った施術者、インストラクターの養成と、全国的に幅広く普及していくことに力を注いでいます。
現代社会では、人間関係のストレスや、ITの急速な普及により運動不足やテクノストレスなどから体調を崩したり病気にかかる人が増えています。
医療費は、平成22年現在では、年間総額36兆6000億円となり、前年度より1兆4000億円も増加しています。
もう一方では、病気になり治療するためにお金をかけるよりも、病気になる前に自分で病気を防ぐという健康意識が高まり、保険適用外の民間療法や様々な健康法がメディアでも数多く取り上げられ、紹介され、その中から自分に合った健康法をいろいろ試しながら、より良い療法を探している人も増えています。
このJFLAの療法は、体重移動で脚全体から足底に圧力をかけ、クライアントの全身を押さえる新感覚の療術に、ストレッチ効果を取り入れた療術です。
足から伝わる適刺激は、新感覚であり、多くの人々に喜ばれ、親しまれ、またスポーツの世界ではボディメンテナンスとして取り入れていただいております。
JFLAでは、クライアントの日常の健康管理に貢献していく為、確かな技術と知識を持った施術者、インストラクターの養成と全国的に幅広く普及していくことに力を注いでいます。
この技術は、即効性のある効果であり、施術者自身も足から刺激を受けるため、より健康になり、下半身の強化になり老化を防ぎます。
ストレス社会で、この療法のニーズはこれからますます増えています。
そのような中で、JFLAでは、施術者の体に負担無く、生涯的なライフワークとして全国各地において、また様々な分野で活躍できるよう、資格取得後の勉強会、技術指導なども行っております。

■ 確かな技術と知識を持った施術者、インストラクターの養成
 クライアントが家族や親しい人との毎日の健康管理に役立てる健康法としての
  普及活動
 スポーツをしている方のボディメンテナンス、クールダウン、ケガ予防の
  指導教室
 施術者の健康管理、技術アップ指導
■ 血行促進から美容へ・・・皆様に健康と美のサポートをします。

法人名
日本エフ・レッグ協会(JAPAN F・LEG ASSOCIATION)
所在地
神奈川県横浜市都筑区牛久保2-16-5
電話番号
03-6423-1743
FAX番号
03-6423-1744
メールアドレス
info@jfla.or.jp
URL
http://www.jfla.or.jp/
設立
2012年12月3日
役員
理事長 佐藤 義捷信
副理事長 川俣 正貴
理事 齊藤 寿美子
理事 矢上 尚武
理事 笹木 郁男
理事 貫井 武
理事 上野 浩一
理事 齊藤 邦秀